次世代加圧,茨城県,取手,加圧トレーニング,パーソナルトレーニング、加圧,トレーニング,スタジオ,クロスオーバー,ヨガ,ピラティス、リハビリ,肩こり、腰痛、

次世代加圧!茨城県JR取手駅前 加圧を中心としたパーソナルトレーニング

FrontPage

新春キャンペーンのお知らせ

《 1月10日~2月12日迄 》
先着10名様→入会金0円

  • 期間中入会金半額  10,800円→5,400円
  • 期間中体験   5,400円→3,400円(入会時キャッシュバック)
  • 高精度体組成計測で現状アドバイス(無料)
  • 登録料 5,400円
  • 月会費
    月2回コース9,820円
    月4回コース16,200円
    月8回コース30,340円

まずは、体験トレーニングをお申し込みください。
ご予約、お問い合わせはお電話で。

メールの場合は返信にお時間がかかる場合がございます。
こちらからの返信が24時間以内にない場合は、お電話でご連絡ください。

画像の説明

次世代加圧 VRCトレーニング

VRC駆血

当スタジオでは、平成27年よりVRC装置を導入しトレーニングを行っています。
VRCとは『 Vein Return Constriction 』の略語で静脈血還流制限法です。

VRCトレーニングとは、腕や足に専用のVRCカフ(血圧計のベルトようなもの)を巻いて、適正な圧力を加えることで、静脈の血流量をコントロールして行うトレーニングです。
日常生活の動作の延長上で、手軽にできる健康づくりとして注目されています。

腕や足にVRCカフを巻いて、腕を曲げたり伸ばしたり、膝の曲げ伸ばし、かかとの上げ下げをするだけで、充分にトレーニング効果が期待できます。

ご入会について

まずは、体験トレーニングをお申し込みください。
ご予約、お問い合わせはお電話で。
メールの場合は返信にお時間がかかる場合がございます。

体験トレーニング

  • 入会金  10,800円
  • 登録料   5,400円
  • 月会費
    月2回コース  9,820円
    月4回コース 16,200円
    月8回コース 30,340円

まずは、体験トレーニングをお申し込みください。
ご予約、お問い合わせはお電話で。
メールの場合は返信にお時間がかかる場合がございます。

完全予約制
0297-84-6580

※指導中は電話に出られない事がございます。
連絡先・メッセージをお残し下さい。
折り返し、ご連絡いたします。

※24時間以内に返信が届かない場合はお電話下さい。
また、携帯等はパソコンからのメールが届くよう設定お願いいたします。

1月休館日のお知らせ

1月1日~3日 ・9日(月・祝)・13日(金)
18日(水)・24日(火)・27日(金)

2月休館日のお知らせ

2月1日(水)・7日(火)・10日(金)
15日(水)・21日(火)・24日(金)

  

加圧スタジオ「クロスオーバー」とは

クロスオーバーとは・・    

「異なるジャンルの融合により新たなものを作り出すこと」辞書にはこうあります。
少し難しいですね。

クロス(オーバー)トレーニング」という概念があります。

「一つの専門種目、スポーツやエクササイズにとらわれず様々な種類のスポーツやエクササイズを組み合わせ体験することにより本来の種目の競技力を高めていく」という考え方です。

スポーツ界ではだいぶ浸透してきているようです。

この考え方は加圧トレーニングにも当てはまります。

加圧による筋力トレーニングはそれ自体で非常に画期的で効果的なエクササイズであることは今更言うまでもありません。

加圧ウォーキング

しかしさらにその効果的な加圧トレーニングにインナーマッスルや姿勢を整えるエクササイズを加えたり、ウォーキングや自転車、スイミングなどの有酸素運動で脂肪燃焼、全身持久力を高める、あるいは日常の食生活を気をつけることにより体脂肪を減らし生活習慣病を予防する、またストレッチやヨガを行うことにより柔軟性を養う・・・

これら複合的にエクササイズを行うことにより本来の加圧効果をより高めていきたいと考えています。

言うなれば、『クロスオーバー加圧トレーニング』ですね。

格闘技

更には、単にフィジカル〔身体〕面のみならずメンタル〔精神〕面も含めた健康になる為のライフスタイル全般をサポートしていきたいという願いが「加圧スタジオ クロスオーバー」には込められています。

クロスオーバーロゴ

a:68494 t:7 y:24

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional